付き合ってる人と結婚するには?

結婚と恋愛は別、なんていう言葉をよく聞きますよね。
恋愛出来る人と結婚出来る人が違う、という考え方は女性のほうがピンと来るかもしれません。
逆に男性はあまりそこを分けて考える人はいない様です。
もちろん、男性だって女性に恋愛で求める物と結婚で求める物は違う人がいます。
今付き合っている人と結婚したくても、なんだか上手くいかない・・・そんな風に思っている方も多いと思いますが、そこには必ず理由があっての事。
それでは恋愛を結婚につなげる為には何が必要なのでしょうか。

そもそも結婚と恋愛の大きな違いって?

色んな角度から見ていくと、これが一番の理由とは一概には言えませんが、大きく分けると家計と家系ではないでしょうか。
結婚にはお金がかかります。国によって形は様々ですが、日本という国はイベント事にお金をかける国です。それに一緒に生活を立てるには定期収入も必要、等と細かく言う必要なくお金があって初めて成立します。これが家計です。
では家系です。こちらのが意外と大変だったりしますね。本人同士はバッチリ理想同士の相手でも、両親を含めてみると関係が崩れる事もあります。
この二つはただお付き合いしてるだけではあまり影響してこない所です。

相手の意識改革

では上記をクリアしてれば結婚出来るか?応えはNOです。
そもそも結婚となった時、まず頭によぎるのはマイナス要素です。自由が少なくなり、様々な責任は増える。これだけ聞くとあまり良い物に感じ無いですよね。
ですが、それ以上のプラス要因があったらどうでしょう。ハードワークはその先の何かしらの幸福があってこそ耐えられます。
なのでまずは結婚する事のマイナスを埋めて、余りあるプラスを相手と考えてみましょう。

結婚は契約

メリット、デメリット、そんな風に考えているとなんだか仕事みたいに感じますね。実際そう考える人も少なく無いみたいです。
恋人の時とは違い、書類を提出し公で認められた関係になります。
実際昔は家族を大きくする為に結婚するという、政略結婚の様な考えが強かったので家族ぐるみでとても慎重に行われていた様です。これがお見合いが多かった理由かもしれないですね。
つまり気持ち以外の部分を考える必要があるんですね。
そう考えると、まさに企業同士の契約に似ています。そういった割り切った話もしていかないと前には進めないかもしれません。

それとなく進めてしまう

これはちょっとズルい方法です。
どんな事でも人間いきなり起きる事にはNOと言っていしまいがちです。
なのでそれとなく結婚を意識した行動をちょっとずつしていくのも有効かもしれないです。
年齢の話や先の話をして、相手に自発的に結婚について考えさせる事で関係が進み易くなる事もあります。
器用さも必要になる作戦ではあるので、人によっては難しい場合もあります。考えさせる事を見破られれば逆効果にもなる恐れがありますので注意が必要です。

付き合ってる2人が自然に結婚を意識していけるのが一番だと思いますが、そうは上手くいかないのが人間関係です。
そして自分以外の人間を動かすのもとても難しくて、勇気が必要な事です。
かと言っても自然に話を進む事を期待していても、時期を逃してしまうのも事実。
なので知恵と行動にいつでも必要なのは相手への思いやりです。
相手への気遣いを忘れずに、幸せへの一歩を踏み出しましょう。